« ハワイ限定のレスポ♪ | トップページ | きれいな夕焼け »

2009年11月12日 (木)

読書:『重力ピエロ』伊坂幸太郎


初めてこの作者の本を読みました。
なんだか映画化されるとか、、どこかで見かけたような、、って思って。
気づいたらとっくに映画化された後でもうしっかりDVDも出てましたけどw
→こちら

つらい過去を持つ兄弟が大人になって、その周りで起きる連続放火事件の真相を追っていく物語。

この本の書き方、個人的に好きじゃなかったです。キザったらしいと言うか、、わざわざ難しく・読みにくい感じに書いている印象を受けました。。
最初かなり読み進めづらかったかも。。

でも内容的には面白く、途中からはどんどん読むスピードが速くなっていきました。

ビミョーに内容に突っ込みどころが多いような、ナットクいかないようなポイントが多かった気がしなくもないけど、、終わり方はナットク。

人間正しく生きてれば神様は見捨てないでいてくれるのかも、、みたいな。正直者はバカを見ないのかも、、みたいな。

そんな気持ちにさせてくれるラストでした。

|

« ハワイ限定のレスポ♪ | トップページ | きれいな夕焼け »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハワイ限定のレスポ♪ | トップページ | きれいな夕焼け »