« アロハ検定合格 | トップページ | ビックリ!!→冰館が閉店 »

2010年1月24日 (日)

読書:『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎


伊坂幸太郎のデビュー作。

犯罪を犯して辛くも逃亡出来た主人公が、気づくと孤島で目を覚ましていた。
100年以上前から外界との交流を断っている不思議な島。
そこで起きる『カカシ』の殺人事件をめぐって主人公が島の人々と関わっていくというお話。

なんだかファンタジーの色を感じるお話で嫌いじゃなかったです。
ありえなすぎて、受け入れられない人には全然ダメなんじゃないかな。評価が分かれそうな気がしました。わたしは好き。

ただ、このお話つまらなくないのにのどかな島の情景がありありと浮かんでくるからなのか、、しょっちゅう眠くなってw読み終わるまでに少し時間がかかりました。

この人の本に多い勧善懲悪と多方面視点で書かれている感じでもありました。勧善懲悪系はやっぱり好きです。

 

 

でもこの本を読んでとうとうわたしの中で決定した事。
それは伊坂幸太郎の本は暴力・虐待描写も多いってこと。。ここが好きじゃありません。。こんな事ここまで書かなくても物語が進まないかなぁ??って思えて仕方ありません。


調べていたらマンガにもなっていてビックリ!
活字が苦手な人が、小説を読み始めるきっかけにもいいかも?!

|

« アロハ検定合格 | トップページ | ビックリ!!→冰館が閉店 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロハ検定合格 | トップページ | ビックリ!!→冰館が閉店 »