« カントンの思い出 | トップページ | 読書:『陰日向に咲く』劇団ひとり »

2010年3月10日 (水)

読書:『容疑者Xの献身』東野圭吾


直木賞受賞作でガリレオシリーズ初の長篇、だそうです。
先に←映画を観ていたからか、すごーく読み進めやすかったです。
映画はこの本にかなり忠実に作られてたんだなー、と感心しちゃいました。

個人的にかなり縁のある土地が舞台だったのでビックリしちゃいました。
映画ではそこまでわからなかった…

映画を観ていなかったら手紙同様、ぷっつりした終わり方だなーとポカーンとしちゃったかも?!

映画より本の方が主人公:石神の気持ちが深くわかる感じがしました。

原点のこちらも少し前に読んだ事があるけど、こっちは字だと難しすぎる部分もあった気がします、こっちの方はTVじゃないと理解できない感じだったかも。。

|

« カントンの思い出 | トップページ | 読書:『陰日向に咲く』劇団ひとり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カントンの思い出 | トップページ | 読書:『陰日向に咲く』劇団ひとり »