« 読書:『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎 | トップページ | 映画鑑賞:シャーロックホームズ »

2010年4月 5日 (月)

映画鑑賞:NINE

公式サイトはこちら

かつて大ヒットを飛ばした映画監督が新作映画の製作を発表するんだけど、実は全然構想がない!どうしよう!!

みたいな映画。

 

 

 

 

以上!

 

 

 

それ以上でもそれ以下でもない、ひさっしぶりにくだらない内容の無い映画を観ました。
もうビックリするくらいに内容ありません。
すぐ前に座ってた人、かなり最初の時点で出て行っちゃいましたww

 

あれだけの豪華キャストを集めてどうやったらあんなに意味のわからん映画が出来るんでしょうか?!誰か大御所女優さんたち、『これでいいの!?』って言わなかったんでしょうか?!

 

CHICAGOが大好きな映画のトップ3に入るくらい好きなので、同じ監督、豪華キャスト、ミュージカルの映画化と似たような設定にかなり期待をして観に行ってしまったのもいけなかったのかも。。

いや、問題はやっぱりそこじゃないかも。。
2012
よりくだらない映画があったとはねぇ。。

CHICAGOみたいにセクシーでカッコイイ映画なのかと思ったのに、、セクシー通り越してポルノみたい、、下品です。

特にペネロペ・クルスのビッチっぷりにビックリ。

1,800円も出してもらって、彼に悪い事したなぁ。。( ´・ω・`)

|

« 読書:『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎 | トップページ | 映画鑑賞:シャーロックホームズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎 | トップページ | 映画鑑賞:シャーロックホームズ »