« 読書:『エンジェル』石田衣良 | トップページ | 押し花ネイル »

2010年5月11日 (火)

読書:『永遠のとなり』白石一文


今年の直木賞を受賞した作家さんです。
でも受賞した作品ではないですw

うつ病を患って東京の会社を辞め故郷福岡に戻ってきた主人公と、がんを患いながら結婚と離婚を繰り返す主人公の小学校時代からの親友。

人生を挫折しかけた2人が支えあいながら生きていく物語。。

う~ん、、以前読んだこの本になんとなく似てます。。
まぁでも主体が会社内じゃないだけこちらの方が良かったかな?

それに本の薄さも1/3くらいだったし、、まぁいっか。。

どうやらわたしは読書中くらい日常からかけ離れたい人間のようです。
人間のつらい人生とか、頑張ってる会社内とか、、そーゆーのは個人的には読書にまで持ち込みたくないようなので、、あまり楽しめませんでした。

あと、博多弁かな?読みにくかったです( ̄~ ̄;)

|

« 読書:『エンジェル』石田衣良 | トップページ | 押し花ネイル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『エンジェル』石田衣良 | トップページ | 押し花ネイル »