« 読書:『向日葵の咲かない夏』道尾秀介 | トップページ | 読書:『死体置場で夕食を』赤川次郎 »

2010年6月 3日 (木)

読書:『告白』湊かなえ

間もなく映画が公開される本です。
ちょくちょく映画を観に行くのですが、映画が始まる前のコマーシャル、あれで面白そうな話だな~と興味を持ちました。

が、キャストに魅力を感じなかったため、だったら原作を読んじゃえー☆ってことで読んでみました。

前回に続いてまたしても若めな作家さん。
…もしかしてわたしが年を取ったから若く感じるだけですか(゚∀゚)?

中学校の女性教師がわが子を校内で亡くしてしまった。
事故死として片付けられたはずだったが、本当は自分が担任を受け持つクラスの生徒に殺された、とホームルームで告白する。。。

映画のCMでもおなじみのあらすじです。

が!

犯人は誰だ?!みたいな話かと思ってたのですが、あっさりとかなりの前半で犯人判明。第1章の簡潔な終わり方から思わず短編集なのかと勘違いするほどでした(・・)

こんなにすぐそんな展開見せちゃって、大丈夫なわけ?と心配すらしてしまったのですが、、

 
 

この本相当面白かったです!
しかもこれがこの人のデビュー作だというのだから驚き!!

話が全て様々な語り手の”告白”スタイルで進んでいきます。
これまた新しいスタイルだと感じました。
話は単純なんだと思う、でもそのスタイルになることで色んな面から色んな疑問が明らかになっていくから面白かったのかも?!

ラストは衝撃、ゾッとします。

|

« 読書:『向日葵の咲かない夏』道尾秀介 | トップページ | 読書:『死体置場で夕食を』赤川次郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『向日葵の咲かない夏』道尾秀介 | トップページ | 読書:『死体置場で夕食を』赤川次郎 »