« 読書:『告白』湊かなえ | トップページ | 読書:『さまよう刃』東野圭吾 »

2010年6月 6日 (日)

読書:『死体置場で夕食を』赤川次郎

赤川次郎って小中学生の時に読んだ記憶があります。

新婚旅行中夫婦が大雪のため道に迷ってしまい、たどり着いたロッジに泊めてもらうことになった。
夜が明けると宿泊客は誰もおらず、ロッジのオーナーの死体を発見してしまう。
スキーの得意な妻の方が街まで助けを求めに降りていって警察と共に駆けつけると、ロッジが燃えていて夫の姿も消えていた。。
夫が死んだとは信じられない妻は、ロッジの秘密を追って行くと、次々と新たな殺人事件が起きて。。。

 

と、言ったお話です。
なんだか昔ゲーム化もされたらしいです。

かなり昔の本なので、ちょっと設定とかも古いけどやっぱり安定して面白いと思いました。
後半はちょっとムチャクチャかなぁ。。

なんだか2時間ドラマの原作になりそうな感じでしたw

|

« 読書:『告白』湊かなえ | トップページ | 読書:『さまよう刃』東野圭吾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『告白』湊かなえ | トップページ | 読書:『さまよう刃』東野圭吾 »