« 読書:『死体置場で夕食を』赤川次郎 | トップページ | ちょっとだけハワイ、、 »

2010年6月 9日 (水)

読書:『さまよう刃』東野圭吾


たまたまそこを歩いていたという理由だけで、強姦目的の不良少年グループに目をつけられ、暴行された挙句に殺された娘の復讐を誓った父。
密告者からの情報で犯人の一人を殺害、更なる復讐を遂げるべき逃亡してしまう。。
「遺族による復讐殺人」としてマスコミにも大きく取り上げられていき、社会も注目し、警察にまで少なからず影響を与えていく、、果たして復讐の結末は?!
 
 
そんなお話です。
ページが厚いし、展開が速いわけでもないのに間延びした感じもなくてあっとゆー間に読みきっちゃいました。

しかし話の内容が重くて暗い。。
終わり方もなんともつらくてやりきれない。。。
 
神様はちゃんと見てくれてるんでしょうか?!
と、本に向かって本気を出して落ち込んでしまいそうな内容でした。。

|

« 読書:『死体置場で夕食を』赤川次郎 | トップページ | ちょっとだけハワイ、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『死体置場で夕食を』赤川次郎 | トップページ | ちょっとだけハワイ、、 »