« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

読書:『十五少年漂流記』ジュール・ヴェルヌ

1860年3月原因不明の事故によって15人の少年を乗せた船『スラウギ号』(出版社によっては『スルギ号』)はニュージーランドから嵐の海に漂流し、見知らぬ土地に流れ着いてしまう。

ここは大陸かもしくは島なのか。主張が対立した少年達は、確認するために海岸から内地へと調査に繰り出す。いくつかの発見の後に、ここが無人島、しかも近くに陸地などがない孤立した島だと認識した。

海風や波にさらされて傷んでいく船から、内地に発見した洞窟に移り住んだ少年達は、島に名前を与え、自分たちの代表として大統領を選出し、15人の植民地として運営していく体制を整えていく。島内で新たに発見する動植物や、工夫を重ねた道具の作成などで島での生活は次第に潤っていくが、フランス人のブリアンとイギリス人のドニファンとの対立を軸にした仲間割れは、15人の結束に少しずつひびを入れていく。さらに弟ジャックの抱えていた秘密が、ブリアンに大きな衝撃を与える。

そして、漂流から2年目を迎えた嵐の夜、島に謎の船が流れ着いたことによって、少年達の生活は激動していく…。

****
↑ウィキペディアより引用。

会社にあったので読んでみました。
120年以上前に書かれた海外文学。 

なんとなくは話は知ってましたが、ちゃんと読んだのは多分初めてです。
子供の頃も読んでいない、、はず。。

もっと難しい書き方してあるのかと思ったけど思ったより読みやすかったです。
今の言葉に近いように改訂してあるんでしょう。

15人の少年の長い夏休みのお話。
読んだ時季がなかなかピッタリだったかもw

 

なかなか野蛮な描写もあったりしますが、120年前じゃ野蛮じゃなくて普通だったのかもしれませんね。

あと、『わたしたちはそのことを知っています』なんてゆー直訳もちょっと気になりましたw

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

面白い恋人?!

P1040138 大阪のお土産でいただきましたww

大阪、、いいのか。。それで。。。w

 
 

しかもこれ、吉本興業が出してるらしいwww

| | コメント (0)

2010年8月22日 (日)

映画鑑賞:踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

トイストーリー3と共にこの夏楽しみにしていた映画。
いい加減空いてるだろうと観に行ってきました。
公式サイトはこちら

観に行った翌日に織田裕二が結婚を発表してビックリ!

レビューが低かったので覚悟して行ったんですが。。
織田裕二の結婚以上にビックリしました。

 

 

 

 

残念すぎて!

 

 

 

あんなんだったらどうして続編作っちゃったんでしょう?
もはや『踊る』じゃないです。
人がガラリと変わりすぎ。
いくら数年経ってるとはいえ、説明もない。
スピンオフまできちんと観てる人さえ観てくれればいい、ってつもりなんでしょうか?

寒いし。
仲良しクラブが内輪ウケで映画作ってるみたい。
一歩引いた所から冷めた目でしか観れなかったです。

のめり込める場所も無ければ盛り上がる場所もない。
ユースケのオチも簡単に読めたし。

 

唯一笑えた場所は2箇所。

 

1.スリーアミーゴスのやつれメイク

2.エンドロールでほぼ一瞬と言える程度しか出ていなかった吾郎ちゃんにわざわざ専属ヘアメイクがいたことが判明

 

2に関しては、他に専属のヘアメイクが付いていたのは織田裕二と深津絵里。
このお2人については当然出演シーンが多いし、主役と準主役なのでわかります。
でも吾郎ちゃんってww
それ以外にいっぱい出ている人たちには専属へメイクがいなかったのにwww

 

楽しめたのは本当にこの2つだけ。
つまんなかったからですかね?長かったー(=_=)ってものすごい感じました。 

 

一緒に行った彼は数日前に”ソルト”を観たそうで。
すごいつまんなかった、って言っていたのに”踊る”を観終わった後に『いやぁ~ソルトがものすごく面白かったのかも、と思えてきた』って言ってました。

 

あー、やっぱり口直しに近いうちに絶対トイストーリー3、観に行ってこよ。

| | コメント (0)

なんと!

P1040137クリスピークリームが並んでる時にいつも1個くれたドーナツ。
このシステムが終わってしまうそうです。

 

まぁでも、、くれない時もあったけどw

最初は甘いし油っぽいし、この私が1回でいいや、、って思ったものでしたが案外おいしいです。

 

でも…

・最初ものすごい行列
・あっとゆー間にあちこちに店舗

ここまで、私の大好きなシナボンに似ていてちょっと不安です。
その後も同じ道をたどらないでくださいよぉ。。

 

有楽町店に行ったんだけど、ほぼ行列をしなくなったからなのか、イートインスペースがものすごく増えてましたよ。 

あと今回の発見はアイスティもおいしかったこと!
ベルガモットの香りがすごくしっかりしたアイスティでした。

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

読書:『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』石田衣良


面白かったけど、珍しくハッピーエンドと言えない終わり方の話、そしていつも以上にハラハラドキドキさせられる話がありました。

ちょうどシリーズ4作目で飽きて流れが読めちゃう感じになりがちなところに、しゃきっとするスパイスが入っていた感じかも。

 

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

ドクターフィッシュとスンドゥブ

ラクーアで期間限定でドクターフィッシュのイベントがやっていたので、行ってきました。

 

P1040130

韓国で体験して以来、すっかり気に入ってしまったドクターフィッシュ。
日本にももっと普及すればいいのに。。
ただ、気のせいか韓国のお魚の方がスベスベフワフワになったような気がしました。

 

そのままラクーアでゴハン。
久しぶりに東京純豆腐に行きました。
ずいぶん店舗が増えましたねぇ。

 

P1040133 期間限定という明太チーズスンドゥブにしてみた。
すっごいおいしかったです☆
レギュラー化して欲しい、、って思ったらオプションならいつでも明太子はあるらしい。

 

知らなかった…(・・;)

 

暑い時に熱い物、いいって言うけどどうなんでしょう?
余計に汗をかくだけのような気がするんですが。。

でも、おいしかったし、またすぐにでも行きたいんだけどねw

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

読書:『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』石田衣良


こつおん
と読むそうです。
IWGPのパート3です。 
読みました、っと。

2010年は国民読書年なんだそうです。

Dokushonen_logo_10_black
使っていいって書いてあったからロゴひっぱってきてみたw

わたしったらちょうどいい時に読書づいてるようです。

 
 
 
 

…。
誰も得しないけど(・・)

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

読書:『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』石田衣良


池袋ウエストゲートパークの第2弾です。
引き続き面白かったです。ハイ。

この本を読み終わった後に友人に借りていた

←DVDを一気にまとめて観てもみました。
本の方が断然面白かったです、ハイ。

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

レザークラフト:バッグをリメイク

通っているレザークラフト。
本来の目的は2つありました。

1.愛着のわくブックカバーを作りたかった
  →体験でクリア。記事はこちら

ちなみにブックカバーはその後、新書サイズ、ハードカバーサイズと作成しました。
あと無いのはハリーポッターサイズかなww
また、気に入らない点なんかは先生に言って相談し、着々と改善を加えて現在に至っております。

 

2.とあるバッグのリメイクをしたかった。

 

今回、この2つ目の目的をとうとう達成しました☆
出来上がったバッグはこちら!

 

…の、前にリメイク前のバッグの写真を撮っておきました。

 

Dvc00144
見る人が見ればテイストでどこのバッグがきっとすぐにわかる事でしょう。
某サマン○タバサのバッグです。

もう何年も前に買ったカゴバッグ。
カゴバッグのくせに18,000円チョイしたと思います。

 

で、このバッグ、カゴ素材だから夏しか使えないバッグなのですが、2シーズン目であっという間にカゴが割れてきてしまいました。

しかもサマンサ○バサに持っていっても
『その素材は修理できません』であっさり終わり。
それでいいのか、サマンサタ○サよ。。( ̄□ ̄;)
売って終わりかいっ!?

高い買い物だったと泣き寝入りしそうになっていたところに、母に
『どうせ捨てるつもりならダメ元で木工用ボンドでくっつけてみたら?』
と、アドバイスされ実行してみたところ、思いの外キレイに補修が出来てそこからまた2シーズンくらいは使っておりました。

 

でもね、1度割れるともうどんどん割れていくんです(pq) 

それでもキラッキラの留める部分が特に気に入っていて、どうしても捨てるのが忍びなかった。。

 

って事で数年前、銀座○越の洋服などのお直しショップがリメイクも行っていると聞き、持って行って見積もりをしてもらってみました。

 

そしたらなんとリメイク代、3万円オーバー( ̄□ ̄;)
買った金額より高いってどーゆーことよ?!?!

って事でこれも諦めました。。 

 

でも使えないバッグを捨てられずにクローゼットの中に数年。。
こんな事してるから部屋が片付かないのはよぉくわかってるんですが捨てられなかった。。

 

の、このバッグ。
レザークラフト教室で体験をさせてもらった時点でバッグのリメイクなんかも出来ると聞いたので思い切って始めたわけです。で、取り掛かったわけです。 

 

その結果、、出来上がりましたー☆  

P1040109 前置き長い割には大したことないかもしれませんがね、、
個人的にはまぁ満足しております。
白い部分が多すぎてなんだか間が抜けてるような気がしなくもないのですが、荷物の多い私が気の済むサイズにしたらこうなっちゃったんだから仕方ないw

ついでに肩にもすんなり掛けられるように改造したのでそこは満足!
カゴバッグの時はギリギリ掛けられる、ってデザインでした。
(体型でした、って説もあり。しかも有力。)

 

P1040108 底の部分にもカゴバッグ時代の底部分を2つに切り分けて再利用。
ステッチはリメイクした革と同色にしてみました。

 

付いていたネームタグも捨てずにそのまま再利用w
著作権侵害でしょうか。。
言わせませんけどねっ!修理もしてくれなかったんだからっ!! 

 

P1040112 中の布地もなるべく近い色を探してきました。
しかも家のミシンが壊れてそうだったのでこれまた手縫いw

ポケットもいっぱいつけました。
写真下方のポケットは元のカゴバッグのポケットだった物をほぐして再利用。
上の方のポケットは新しく付けたもの。大きめにしました。
本当はファスナーを付けたかったんだけどよくわからなかったからスナップにしちゃいましたw
ここにお財布や貴重品を入れて、、何とか海外でも使える仕様にならないかしら。。

ふちをかがっているピンクの革もカゴバッグの再利用です。

 

P1040107 よりマヌケなアングルから最後にもう1枚w

白、汚れやすいかなぁ、、と思ったんだけどとりあえずダメになったらまたリメイクすればいいじゃないか!と言う先生のアドバイスで思い切って選んでみました。 

常に爪を伸ばしている私のリクエストで先生が傷の付きにくい革を選んでくれました。

汚れや雨が気になるので
←家にあったラナパーで使う前に保護をしておきました。

---
無事リメイクが完了するまでに、かなり先生の助けを借りております。

基本的には革を切り出したり縫ったりは自分でやってるんだけど、カゴバッグをばらしてもらったり、金具を付けてもらったりなどの力や技術のいることはほとんど先生がしてくれています。

なかなか自分だけではこうはいきませんねぇ。。

 

バッグ、かなりたくさん持っているのでこれ以上教室で作る気はありません。
多分これが最初で最後の大物なんじゃないかなー。。

でもまだ小物の構想があるのでおケイコはもうちょっと続ける事にしてみます^^

| | コメント (4)

2010年8月 6日 (金)

みんな同じ

P1040117
ネコも、
P1040120 どうやら、、
P1040116 クーラーの方が、、、
P1040119 気持ち良さそうである。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

終わりは必ずやって来る

会社帰りのウォーキング中に発見

P1040122_2
まだしっかり葉が青いイチョウの木に、びっしりギンナンです!!
秋に向けて自然も一応準備はしてるのね。。

 

この異常な暑さにも、いつか必ず終わりがあるんですね。
そう思って頑張ろう。。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

読書:『池袋ウエストゲートパーク』石田衣良

刺す少年、消えた少女、潰し合うギャング団。今夜も転がり込むトラブルを退屈しのぎに池袋を駆け抜けろ!躍動する青春ミステリー
***
↑楽天ブックスより引用

 

ずいぶん昔にドラマ化されたこのお話。
そのドラマがすっごい大好き!!って人が周りに多いんです。 

基本的にドラマをあまり観る人間じゃないので当然内容を知らなかったんですが、会社の人が原作であるこの本を貸してくれたので読んでみました。

 

面白い!!
すっごい面白い(゚∀゚)
勧善懲悪、基本ハッピーエンド。私が好むポイントを突いております。

それと、懐かしい☆
むかーし池袋でよく遊んでました。
すっかり忘れていたロサ会館とかビックリガードとかむっちゃ懐かしいヽ(´▽`)/
でもそれが今もあるのかも知らないし、どこにあるのかも忘れちゃったくらい昔なんですけどww

私が遊んでいた頃はこの本は出てませんでしたねぇwww

 

で、この池袋ウエストゲートパーク、シリーズものだそうで。
既に文庫化されたものだけでも10冊くらいにはなるんじゃないかと貸してくれた人が言ってました。

えー、思い切って借りてないで買っちゃおうかしら?!

昔、ハリーポッターにものすごいはまってた友人に1冊借りて、その面白さにすっかり気に入って、続きは自分で買っちゃった覚えがあります。

どんなに重くても発売されたらハードカバーを持ち歩いて読み、その後映画も全部観て、DVDも全部揃えております。

 

今回もそのパターンかも?!

| | コメント (0)

2010年8月 2日 (月)

子供の頃の夢叶う

タイトルほど大げさなモンじゃありませんが。。

子供の頃、、ってかだいぶいい年になってからも

 
 
 

プリンをバケツに作って食ってみたい

 
 
 

と、思っておりました。
その夢を実現させるアイテムが、もうだいぶ前からメディアなんかにも取り上げていたし、実際目にしたこともありました。

とうとう買っちゃいました。

 

P1040106

 

ジャーン☆
プッチンプリンの特大版。
※比較対照:一般的なペン。

実際食べてみましたが味は全くプッチンプリンでした。


 

バケツじゃないけどさー、夢がプチッと叶ったって事じゃないかしら!?
と思ってみたものの、食べてみたらこれでも十分|゚з゚)=3
当たり前かぁw

子供だったらこれでも足りなかったかな?!
今の子供がうらやましいです。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

レザークラフト:パスポートケース

P1040096通っているレザークラフトでパスポートケースを作りました☆
ピンクの部分はコインケースのつもり。
日本のコインと、行く先の国のコインを分けて収納。
実際にお財布にコインを移した後は鍵なんかもしまっておけます。
下の方の黒いピョコンとしたのは、、、 

 

 

P1040102 ペンホルダー。4色+シャープペンシルという少し太めなペンなので、普通の手帳なんかのペンホルダーだと入らないので、しっかり測りましたさ。

 
 

P1040103
中にはカードホルダーを両面合わせて8枚分。
マイレージカードやクレジットカードだけじゃなく、念のために免許証や保険証も持ち歩くのでたくさん付けときたかったんです☆
作ってみたら、ガイドブックなんかに貼り付けるために常備してあるポストイットもピッタリ入りました(゚ー゚)

 
 

P1040098 裏面はチケットホルダー。
航空券って折っちゃダメっぽいのに長いから保管に困るんです。

 

実際の使いやすさは、旅に出てみないと判断できません。
なのに、しばらく旅の予定がありません( ̄□ ̄;)無念。。。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »