« レザークラフト:アイデアグッズ? | トップページ | 読書:『白馬山荘殺人事件』東野圭吾 »

2010年10月30日 (土)

読書:『ラッシュライフ』伊坂幸太郎


泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。
---
↑楽天ブックスより引用。

 

いくつかの視点から物語が進んでいって、最後には全ての点が線となってつながるストーリー展開。

予想できる部分と出来なかった部分があったかな。
ただ、ちょっと最後の方になると時系列が狂ってくるので、そりゃずるいよーって感じもしたかな。

 

あと、異なる作品の登場人物がちょっと出てきたりもします。
伏線いっぱいで面白かったです。

|

« レザークラフト:アイデアグッズ? | トップページ | 読書:『白馬山荘殺人事件』東野圭吾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レザークラフト:アイデアグッズ? | トップページ | 読書:『白馬山荘殺人事件』東野圭吾 »