« 旅行博2010 | トップページ | 読書:『長い長い殺人』宮部みゆき »

2010年10月 2日 (土)

読書:『レイクサイド』東野圭吾

妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは 子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。が、事件の周囲には不自然な影が。真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出す。傑作ミステリー。
---
↑楽天ブックスより引用

 

ページ数が少なくてあっとゆー間に読み終わる小説でした。
ハラハラドキドキするようなミステリーでもなかったけど、
つい続きが気になってしまうお話だったかな?

終わり方で今までの点がすべて線になってつながった感じで
なるほどナットク、のような。
いきなり終わり方がそこに飛ぶんかい!?と
ちょっとナットクいかないような。。

 

最後相当少ないページになるまで真相が明らかにされないお話でした。

|

« 旅行博2010 | トップページ | 読書:『長い長い殺人』宮部みゆき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行博2010 | トップページ | 読書:『長い長い殺人』宮部みゆき »