« 読書:『宿命』東野圭吾 | トップページ | レザークラフト:がまぐちinがまぐち×2 »

2010年12月12日 (日)

映画鑑賞:悪人

ハワイのヒコーキの中で観ました。
友人Nが住んでいる長崎県五島列島がロケ地だという事と、深津絵里が賞をとったという事で興味があったんです。公式HPはこちら

 

ちょっと映像的に必要以上にエロくないかい??と思ったらウィキペディア によるとPG12指定だそうです。ちょっとナットク。

 

そしてタイトルの『悪人』。
最後まで観て
『え~~ツマブキ(殺人の疑いを持たれる主人公。)が悪人か?!本当の悪人はxxじゃないか??』
って思ったのですが、、(ネタバレ回避で誰を悪人と思ったかは伏せときます)

上記ウィキペディアによると…

 

 

キャッチコピーは「なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。」「ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?」

 

だそうで。これまたナットク。
興味のあった五島列島の風景はあまりいい天気じゃない映像でちょっと残念。。ただ、舞台背景からしてあんな感じの天気の時にわざわざ撮影したんだろうなぁ、と言う感じ。

ただ深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した、と言う事で脚光を浴びたこの作品ですが、個人的には満島ひかりと言う人の演技の方が光ってるような気がしました。

 

あと、岡田将生ってあちこちでやたら見かけるなー、って印象。この映画にも出ててビックリしました。あまり取り上げれてなかったですよね??

 

終盤の主人公の心理描写がちょっとわかりにくかったんだけど、、多分わたしが感じたことで間違いないのであれば、切ないオトナのお話だな~と思いました。

|

« 読書:『宿命』東野圭吾 | トップページ | レザークラフト:がまぐちinがまぐち×2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『宿命』東野圭吾 | トップページ | レザークラフト:がまぐちinがまぐち×2 »