« 読書:『今夜は眠れない』宮部みゆき | トップページ | 読書:『明日の記憶』荻原浩 »

2011年4月 8日 (金)

読書:『悪人 上・下』吉田修一

 
保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。加害者と被害者、それぞれの家族たち。群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。
---
↑楽天ブックスより

 

友人Nが住んでる五島列島がこのお話の映画化の際に、たくさんロケ地として使われたのと、先に映画を観ていたのでとても興味があったんです。

 

本には特に五島列島って出てくるわけではないんですね(・・)
確かに映画でも特に灯台もどこも五島列島とは描かれていなかったかも!?

 

映画同様、ちょっとエロい描写が多いですね。
それと、映画はこの本を忠実に再現されているなぁ~と思いました。

映画でちょっと引っかかっていた主人公の心理描写の部分が本を読んでクリアになりました。

 

あと、九州弁?がとにかく読みづらかったです。
関西弁くらいならまぁ読めなくもないんですが、、いや~大変でしたw

 

|

« 読書:『今夜は眠れない』宮部みゆき | トップページ | 読書:『明日の記憶』荻原浩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『今夜は眠れない』宮部みゆき | トップページ | 読書:『明日の記憶』荻原浩 »