« 読書:『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎 | トップページ | 完成!!→体験!ガラス工芸 »

2011年6月25日 (土)

読書:『怪しい人びと』東野 圭吾

俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸してあげた。その後、そのことを片岡から聞いた2人の同僚、本田と中山にも部屋を貸すことになってしまう。3 カ月後のある日、いつものように、車から部屋に戻ると、見知らぬ女が寝ていて…。(「寝ていた女」)あなたのそばにいる優しい人が、いつの間にか怪しい人 びとに-。著者ならではの斬新なトリック満載の傑作推理集。
---
↑楽天ブックスより

 

読んでみたら短編集でした。
読みやすくってあっという間でしたね。

ちょっとだけ星新一のショートショートのようなシュールさもありました。

|

« 読書:『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎 | トップページ | 完成!!→体験!ガラス工芸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎 | トップページ | 完成!!→体験!ガラス工芸 »