« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

久しぶりのキャス付録♪

一時期ムック本にでアホみたい頻繁にキャスが出てましたが、やりすぎに気づいたのか何なのか、、パタッと出なくなっちゃいました。

まぁかく言う私も好きでも良くなければ買わないんですが。

そうしたら久しぶりにキャスが付録の雑誌が出ましたね♡

イギリスで買ったのと同じ柄のミニトートバッグです。
付録のバッグにはあまり興味がないのですが、、これには飛びついちゃったw

さすがにオイルクロスではなく、何てゆーか…レインコートのようなw生地なのですがこれはこれでカワイイ♡
とっても気に入りました◎

もう1個くらい買っておこうかなー。
いや…でもイギリスで買ってきたものだって使い切ってないしなー(;;;´Д`)

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

読書:『模倣犯(一)~(五)』宮部みゆき


墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子 のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかったー。未曾有の連 続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。
---
↑(一)、楽天ブックスより


著者の本を初めて読んだ時、いつかこの模倣犯も読んでみたいと思ってました。
宮部みゆきと言えば!と言っても過言ではないほどの代表作なのでは?

期待を裏切らず、とても面白かったです。
ムカムカドキドキしながら読みましたw

これだけのページを割いておいて最後まで説明の足りないところとか、時系列が前後してわかりづらかったりする部分も多かったですが、それでもあっとゆー間に読み終えてしまいましたね。

終わり方もまぁまぁ安心できました◎

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

桜ネイル

Dsc_1707

前回のバレンタインネイルはなんと5週間ももちましたw(゚o゚)w
硬さもじゅうぶん。

前々回のネイルのもちが悪かったのはカラージェルの生焼けが原因だったのかもしれません。。

さて今回のネイル。この時期ならやっぱりサクラでしょう♪ってことでやってみました。シールだけどねw

サクラというものからか、季節的なものからかどうしてもピンクっぽいネイルが頭に浮かびやすいのですが、そもそもサクラがピンクなんだからベースをピンクにしたら何なんだかサッパリわからなくなっちゃいます。

なのでちょっとひねって(?)こんな色。
最初カラージェルを自作しようかと思ったのですが、面倒なのでグリッターで済ませちゃいましたw
黄緑と水色2色、合計3色のグリッターを混ぜてオリジナルカラーを作成。
本当はもうちょっとパステルっぽいような、黄緑っぽいようなものをイメージしていたのですが、、まぁこれはこれでキレイだったのでヨシとします。

気に入る色になるまでに少し多めに出来上がっちゃったのでコンテナに入れて保存しました^^

使用グッズ:
最初にこんなスターターキットを買いました。ランプ やジェルがすべて入っていて基本的にはジェルネイルをするところからはずすところまで出来るようになってました。
(買ったのが昔すぎてまったく同じセットは見つけられませんでした) 

シャイニージェルスパイラルUVランプ

ノビリティプレプライマー

シャイニーボンダー(つま先だけに使用)

シャイニージェル

 SPLASHグリッター #16022
もう1色の水色と黄緑のカラーパウダーは台湾の士林夜市で購入。

桜のネイルシールは3種類使用。どれも古くて見つからず><

---以下は必要なものじゃないけど、あると便利な使用しているグッズ---

ノーリフトネイルズのジェルブラシ(オーバル)。

ネイルアート用細筆。シールやパーツの埋め込み、ライン描きに便利。

ビューティーネイラージェルブラシホルダー(ピンクを使用)。
使いかけのベタベタしたジェルブラシをちょっと置いておくのにすごく便利!

ジェルスティック。沈殿したカラージェルをかき混ぜたり、ラメやアイシャドーをすくってジェルに混ぜたりするのがやりやすい。

エリコネイルUVグローブ 指なし、ハートストーン付きタイプ。
UVランプは日焼けはしない、って書いてあるけど…わたしは絶対に手が黒くなって来た気がする( ̄□ ̄;)!!と、言うことでジェルネイルをする時につけてやるようにしてます。

グラハム ハンズダウン
未硬化ジェルをふき取るのになかなかイイ感じです。たくさん入っていて安いから惜しみなく使えるのもイイ感じ。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »