« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

読書:『阪急電車』有川浩


隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少 しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車ー人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。 ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。
---
↑楽天ブックスより。

少し前にTVで映画をやってたのを観たら面白かったので原作も読んでみました。
この作家、『フリーター、家を買う』などを書いている人だったんですね。

映画を先に観てしまったので画が浮かびやすかったですが、原作に忠実に作られた映画だったんだなぁ、と言うことがわかります。

逆に言っちゃうと本か映画のどちらかを体験すればそれで済んでしまうような気がしなくも…(゚ー゚;


あえて言えば本だとむか~しのウブだった頃wを思い出す書き方がチラホラ。
錆び付ききったオトナはちょっと読んでみるのもいいかもしれませんww

本は薄いのであっとゆー間に読み終わる感じ。
活字慣れしてない人にも読みやすいかもしれません。

| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

読書:『歪笑小説』東野圭吾


新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説の編集者。自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を抱く、全く売れない若 手作家。出版社のゴルフコンペに初参加して大物作家に翻弄されるヒット作症候群の新鋭…俳優、読者、書店、家族を巻き込んで作家の身近は事件がいっぱい。 ブラックな笑い満載!小説業界の内幕を描く連続ドラマ。とっておきの文庫オリジナル。
---
↑楽天ブックスより。

最初”小説業界の内幕を描く”という下りに
”推理小説の裏側を書く!”みたいな感じの本だったこの辺りの本が思い浮かんで、『もしかしたら、、これも失敗か!?』とちょっと不安だったのですが、、

この本は面白かったです◎
あっとゆー間に読み終えちゃいました。

それにしても、、こんなこと書いていいのかしら?!
”フィクションです”と逃げられても『ほんとかよぉ!?』と思ってしまうけど?
ってか小説家を今度からそーゆー目でしか見れなくなってしまうけど??

と、こちらが心配になってしまうようなぶっちゃけっぷりな内容でした。
少なからず作家業界の”あるある”が暴露されてるんじゃないかと。。w

若干のネタバレになるかもしれませんが、むしろ重要なのであえて書きます。
この本には解説がついていません。
ページの最後は絶対に先に見ちゃダメ。
最後のページは全部読み終えてからじゃないと価値が大幅に減ってしまいます。

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

ダブルレインボー!!②

1週間前は金環日食


そして今日は…

Dsc_1833_2 ダブルレインボーを見ることが出来ましたヽ(´▽`)/

下の方の1本なんてものすごく大きくて色が濃く、太くて7色が2重になっているようなすごい虹でした。
しかも、国会議事堂の写真右の辺り、虹の始まっている根元まで見ることが出来ました(◎´∀`)ノ

2本のレインボーの間にはスカイツリーもいますよ。
肉眼だともっと大きく見えたのに、写真だとビックリするほど小さいw

ま、今回の主役は虹だからいっか(゚∀゚)

| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

読書:『ダイイング・アイ』東野圭吾


記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故をおこした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを 忘れてしまったんだろう。事故の状況を調べる槇介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ 始める。「今度の東野圭吾は悪いぞ!」のキャッチで話題を振りまいたこの作品がついに文庫化!
---
↑楽天市場より。

個人的には、、読みやすくはあったんですが…面白いかと言われたら、、イマイチでした。
ちょっと設定に無理がありすぎなような。。若干FS?!

あと、描写が不必要にエロ過ぎたような気がしますw
電車の中で読むの、ちょっと憚られましたよ。。

| | コメント (0)

読書:『とり残されて』宮部みゆき


勤め先の小学校で、ヒロインは「あそぼ」とささやく子供の幻に出会う。そんな折、校内プールに女性の死体が…。その謎にせまる表題作ほか、夢の「場所」捜 しから始まる内面の旅を描いて名作の聞こえ高い「たった一人」など六篇を収録。巧みな伏線、鮮やかな舞台設定。清新にして熟達の筆致をおたのしみくださ い。
---
↑楽天ブックスより。

短編で比較的読みやすかったけど、正直さほど面白くなかったです。
伏線とか巧みじゃないし。
舞台設定に無理あるし。
個人的にはこう言ったお話は東野圭吾の方が『さすがだなぁ!』と思わせる書き方だと思います。

…上から目線でごめんなさい><

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

読書:『ネジマキ草と銅の城』パウル・ビーヘル

銅の山々に囲まれた古い城に、齢千歳を数えようかという王が住んでいた。王の名はマンソレイン。年老い た王の心臓はこわれかけの時計のような音をたて、今にも止まろうとしている。ただ1匹付き従う家来のノウサギに王の命を救ってくれと頼まれたまじない師 は、ネジマキ草という薬草を探す旅に出る。まじない師が薬草を持ち帰るまでの間、愛する王の命をつなぐため、オオカミやリス、ドラゴンなど様々な生き物が 城を訪れ、不思議で、胸躍り、ときに悲しい色とりどりの物語を王に語って聞かせる。そしていつしか、ばらばらに見えたそれぞれの「物語」は王国の由来を伝 える小人の古い物語につながっていく。生き物たちの語る物語は王の命をつなぐことができるのだろうか。そして、王とその王国にはどんな秘密が隠されている のだろうか。本書を彩るのは、村上勉さんの80点以上の挿絵と名久井直子さんのブックデザイン。オランダの作家たちが「子どものころ一番大切にしていた本 だった」と口をそろえる物語をぜひお楽しみください。
---
↑楽天市場より。


たまたまテレ東の『ワールドビジネスサテライト』を観ていた時に、本の装丁デザイナーなる人が出ていてオススメしていた本です。
まぁそのデザイナーが手がけていた本だったんですけどw

THE・童話!と言った感じのお話。
嫌いじゃないです。
子供の頃読んだミヒャエル・エンデの『終わりのない物語』だっけ?あんなのとかとちょっとかぶる感じかな?

子供向け童話の割には字も細かいし多いです。
子供向け童話だから時々ドデーンと挿絵があります。
その挿絵がまたなんとも外国の本っぽい。日本人の挿絵なのにw


肝心の本の内容ですが、THE・童話を裏切らない構成と終わり方。

子供に読み聞かせるには長いかもしれないし、
子供が自分で読むにはちょっと大変かもしれないけど、、
でも子供の頃に存在を知っておきたい冒険とファンタジーとおとぎ話。の王道を行く
1冊だと思いました^^

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

読書:『サニーサイドエッグ』荻原浩


私は最上俊平、私立探偵である。ハードボイルド小説を愛する私は、決してペット探偵ではないのだ。だが、着物姿も麗しい若い女性とヤクザから、立て続けに 猫捜しの依頼が。しかも、どちらの猫もロシアンブルー!?なりゆきで雇うことになった秘書に、独自に習得した猫捜しの極意を伝授し、捜査は順調に進むはず が…。名作『ハードボイルド・エッグ』の続編、いよいよ文庫化。
---
↑楽天ブックスより。


読了記事がたまってしまっております( ̄□ ̄;)
一気に片付けます><



『ハードボイルド・エッグ』の続編だそうです。
個人的にはその『ハードボイルド・エッグ』の方が好きだったかな?!

この人の本、好きですがこのシリーズの回りくどい比喩はちょっと受け入れづらいです><

終わり方もスッキリでもなく、切なくもなく、、ちょっとだけ残念な感じだったかな。
これ以降の続編は無いようですね。

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食

R0014379_4 撮影できました!

結局日食グラスも買わなかった割には、見るのも撮るのもうまくいきました♡
雲が多すぎたことが逆に幸いしたかも?!
※良い子は真似しないように。

実際見るとやっぱり感動!!
早起きして良かったです゚.+:。(・ω・).+:。

出勤してみたら、見れなかったって人も多かった。
いつもだったらこの時間家にいない母もいて見ることが出来た。
てんが見せてくれたのかもしれないな。
ありがと。

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

てんも天国へ旅立ちました

1週間前の5月12日午前6時18分。
てんがこの世を去りました。
20才と3ヶ月でした。

最期は家族で看取ることが出来ました。

今は一緒に住んでいない妹がたまたま来ていた時でした。

前日の23時過ぎに突然少し苦しそうな素振りを見せるまでは何の前兆もありませんでした。

ここ数ヶ月はオムツをしていましたが、残りが少なくなってきたので母が数日前に買いに行こうとしたら、突然の大雨で買いに行くことが出来なかったそうです。

絶対自分で日にちを選んだんだと思います。


うちで生まれてひと目見た時からあぁ、、人気が無くてうちに残っちゃうだろうなwって思って早々に名前が決まったネコでした。

途中人間の仕業としか思えないという事故に遭い、後ろ足を1本無くしてしまう障害者になってしまったのにこんなに長生きしてくれました。


弱ってきてるな、残念だけどお別れがそう遠くないかもしれないな、と思うこともありましたがまさかこんなに早いとは思わなかった。

まだしてあげれたことも多かったはずだけど、やるだけのことはやってあげたと思います。
土曜日の早朝に亡くなったのは、『会社休むなよ』って言われたんだと思ったから、今週頑張って全部行きました(`・ω・´)


お利口なてん。
また会えるようにお互いで色々手配しようね。
先にまさきたちとよろしくね☆

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

スーパームーン?

R0014364昨日はスーパームーンだと、あちこちで耳にしましたが、
ウワサによると今日だという説も。

どっちが正解なんでしょう!?

まぁ満月だし、また撮ってみました^^
明るくて大きかったような気がしなくもないですw

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »