« 読書:『ネジマキ草と銅の城』パウル・ビーヘル | トップページ | 読書:『ダイイング・アイ』東野圭吾 »

2012年5月24日 (木)

読書:『とり残されて』宮部みゆき


勤め先の小学校で、ヒロインは「あそぼ」とささやく子供の幻に出会う。そんな折、校内プールに女性の死体が…。その謎にせまる表題作ほか、夢の「場所」捜 しから始まる内面の旅を描いて名作の聞こえ高い「たった一人」など六篇を収録。巧みな伏線、鮮やかな舞台設定。清新にして熟達の筆致をおたのしみくださ い。
---
↑楽天ブックスより。

短編で比較的読みやすかったけど、正直さほど面白くなかったです。
伏線とか巧みじゃないし。
舞台設定に無理あるし。
個人的にはこう言ったお話は東野圭吾の方が『さすがだなぁ!』と思わせる書き方だと思います。

…上から目線でごめんなさい><

|

« 読書:『ネジマキ草と銅の城』パウル・ビーヘル | トップページ | 読書:『ダイイング・アイ』東野圭吾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『ネジマキ草と銅の城』パウル・ビーヘル | トップページ | 読書:『ダイイング・アイ』東野圭吾 »