« 金環日食 | トップページ | 読書:『ネジマキ草と銅の城』パウル・ビーヘル »

2012年5月22日 (火)

読書:『サニーサイドエッグ』荻原浩


私は最上俊平、私立探偵である。ハードボイルド小説を愛する私は、決してペット探偵ではないのだ。だが、着物姿も麗しい若い女性とヤクザから、立て続けに 猫捜しの依頼が。しかも、どちらの猫もロシアンブルー!?なりゆきで雇うことになった秘書に、独自に習得した猫捜しの極意を伝授し、捜査は順調に進むはず が…。名作『ハードボイルド・エッグ』の続編、いよいよ文庫化。
---
↑楽天ブックスより。


読了記事がたまってしまっております( ̄□ ̄;)
一気に片付けます><



『ハードボイルド・エッグ』の続編だそうです。
個人的にはその『ハードボイルド・エッグ』の方が好きだったかな?!

この人の本、好きですがこのシリーズの回りくどい比喩はちょっと受け入れづらいです><

終わり方もスッキリでもなく、切なくもなく、、ちょっとだけ残念な感じだったかな。
これ以降の続編は無いようですね。

|

« 金環日食 | トップページ | 読書:『ネジマキ草と銅の城』パウル・ビーヘル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金環日食 | トップページ | 読書:『ネジマキ草と銅の城』パウル・ビーヘル »