« 東方神起に遭遇しました | トップページ | 読書:『流星の絆』東野圭吾 »

2012年6月17日 (日)

読書:『聖女の救済』東野圭吾


男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相はー虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。
---
↑楽天ブックスより。



ガリレオシリーズ。
何とも淡々と進んでいくお話でした。

気付いたら随分のページを使ってる、、そんな感じのお話。
東野圭吾の本にはよくある進み方かな??

トリックは、、う~ん、、説明されても『虚数解』過ぎてちょっとナットク出来なかったかも?!

|

« 東方神起に遭遇しました | トップページ | 読書:『流星の絆』東野圭吾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東方神起に遭遇しました | トップページ | 読書:『流星の絆』東野圭吾 »