« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

LUNCH@春秋 溜池山王店

先日のランチの話。
溜池山王にある春秋で野菜ブッフェランチをしてきました~。
お店の詳細は食べログで。

Dsc_4585ジャン♡
夏野菜は色が鮮やかだね~^^

取り放題の野菜に小さめのおにぎりが2つとあおさのお味噌汁が付いてきます。



Dsc_45841,200円とランチにしてはややお高めだけど、、新鮮な野菜を繊細な味付けでたくさん食べれるのでお気に入り☆


野菜、ってことでついついカラダにいい事してるようなカン違いを起こしてたくさん食べてしまいますw


たまには行きたくなるお店です◎

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

読書:『本当は恐ろしいグリム童話 Deluxe』桐生操

「赤ずきん」は狼の娘だった!?少女を狂わせた「赤い靴」の誘惑、「マッチ売りの少女」を汚す魔の手…。語ることさえ拒まれた「禁断」の物語が今、目覚める!グリム、アンデルセンの童話集から5編を収録。
---
↑楽天ブックスより。



第3弾もあったようなのでこの際だから読んでみました。
同じ表紙で”最終章”というタイトルのものもあるんだよね、、どういうことなんだろう?
まぁ図書館にある方を読んでみた、って感じです。



感想としては(1)(2)とほとんど変わりません。
多少エロの面が少なくなったかな、と。その程度。
その代わり(?)グロさが増してました(ΦωΦ;)

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

読書:『何もかも憂鬱な夜に』中村文則

なぜ控訴しない?-施設で育った過去を持つ「僕」は、刑務官として、夫婦を刺殺した二十歳の未決死刑囚・山井を担当していた。一週間後に迫った控訴期限を前にしても、山井はまだ語られていない何かを隠しているー。芥川賞作家が、重大犯罪と死刑制度に真摯に向き合い、生きる者と死にゆく者をつなぐ最後の希望を描き出す。
---
↑楽天ブックスより。



ピースの又吉がtwitterで大絶賛していたので読んでみたのですが、、




大失敗でしたorz





暗くて、
難しくて、
何が言いたいのか最後までさっぱりわからない。

本を読むことに慣れているので一応最後まで読めたけど、、そうじゃなければ絶対に読みきれなかったと思いますorz


書き回しをとにかく難しくすることを意識してるとしか思えない。。


あまりの感情移入のしづらさに『まさか…?』と思って途中でよく本の最後の方にある著者紹介の欄を見てみたら、、

やっぱりでした。楽天ブックスの説明にもあったけど芥川賞作家の本だったorz




私には直木賞作家の方が断然向いています(断定)。



本文中に


自分の好みや狭い了見で、作品を簡単に判断するな


自分の判断で物語をくくるのではなく、自分の了見を、物語を使って広げる努力をした方がいい。そうでないと、お前の枠が広がらない



というくだりがあります。。



あーハイハイそうですか(=_=)


以上。

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

Napule@南青山

個人的に旅ブログが完成していないので、なかなか日常のブログを書けないままでおりますが、、たまにはブログらしい記事をw

先日友人と青山のセールに行った帰りにウワサは聞いていたNapule(ナプレ)に行ってきました。食べログはこちら


すごい行列していておいしくて有名らしい!と言うことだけ聞いていたのですが、お店の外にメニューも無かったから入ってみて値段を見てビックリ(ΦωΦ;)!


高っけぇの!


知らないで行った方も悪いかもしれないけど~。。
メニューくらい表に置いといてもらいたいものです(=_=)




ってことで頼んだのは控えめに2点のみ。Dsc_4579

ペコリーノチーズとルーコラのサラダ。1,4x0円くらい。ハッキリ覚えてない。。
(パンは勝手に付いてきました)

Dsc_45834種のチーズと生ハムのピザ、とか言うやつだったと思う。
2,700円くらいだったと思います。



値段は高いけど女子二人でこの量で十分お腹はいっぱいになりました。





まぁピザは少し塩気が強かったもののどちらもおいしかったんだけどさぁ~、、
なんとゆーか…なんとも中途半端なお店だったかも!?



店の内装はバールやタベルナのようなカジュアルな感じ。
でも値段はリストランテ並み。
その割りに店のサービスや音楽は居酒屋のよう。
そして店員のアルバイト感満載っぷり。。。
とにかく全てにおいて統一感がないの(´・ω・`)





何でもSalvatore(サルバトーレ)に長年勤めていた人が独立したとか。
一緒に行った友人によると
『サルバトーレの方がよっぽどいいかも!?』
だって。


サルバトーレは会社の近くなので今度行ってみます。

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

読書:『影の肖像』北川歩実

恵沢大理学部教授嘉島が殺害された。元不倫相手の助教授川名千早に嫌疑がかけられたが、彼女の幼馴染みの編集者作間には衝撃だった。過去にも2人、千早の交際相手の男が不審死を遂げていたからだ。単なる偶然なのか?やがて作間は、嘉島がある小説を巡ってトラブルを起こしていたことを知る。作品名は『クローン人間が生まれた日』。そしてその時、新たな殺人事件が起こった…。最先端技術と交錯する骨肉の愛憎、次々に増殖する謎と闇、二転・三転・四転の目も眩む仕掛け-気鋭が放つ驚愕の超本格推理。
---
↑楽天ブックスより。


Facebookで友人がすごく面白かった!と言っていたので初めて読んでみた作者の本です。

う~ん、、読み進めづらくはなかったですけど、、個人的には好きなタイプの書き方じゃないかも?!


どんな色柄の洋服を着たとか
どんな名前の飲食店に入ったとか
どんなメニューを注文してどういう順番で食べたとか
どんな物がどーゆー風に腐っていたからこう捨てたとか。。


どーでもいいでしょ、と言いたくなりました(=_=)
最初のうちはわざわざそんな細かい描写してくるから何か重要なポイントなのかと思ってしっかり読み込んでたけど、ただのページ数稼ぎ?って聞きたくなるくらい。



クローン人間がどうのこうのって言うテーマだから仕方ないのかもしれないけど、、その知識、読者にいるぅ?!って言いたくなるくらい小難しいことダラダラ書かれたり。。


登場人物も多過ぎてよくわからない
(多くないと犯人がすぐにバレるってこと?)
そしてその人物たちの関係が近すぎ。。


まぁもちろん『じゃあ書けるのかよ!?』と言われれば書けませんけどね(`・ω・´)

| | コメント (0)

2012年7月18日 (水)

映画鑑賞:ミッドナイト・イン・パリ

またしても駆け込みで観てきました。
公式サイトはこちら

アカデミー賞取ってたんだ、知らなかった(・・)




一言で言えば
ロマンチック・ファンタジック・ヒストリー・コメディー
って感じ。←ひとこと?





非知識人なのでヒストリージョークみたいなのがよくわかんなくって笑えなかったり。。
歴史的著名人の年代とか知らないから『そう言われても…』と思ったり。。


そんなわけでロマンチック・ファンタジック・ヒストリー・コメディーの『ヒストリー』の部分だけちょっと良くわからなかったけど、難しい映画ではないです。
むしろマジメに観てたらバカを見ることになる感じw


設定がむちゃくちゃ過ぎてバカバカしすぎるくらいww

でも、映像はとてもキレイだったな~。
パリの観光誘致ビデオを見せられてるような映画でしたw
バカバカしく感じる設定ですら、何百年も前から街並みの変わらないパリだったら、石造りの美しい建物の立ち並ぶどこかの路地裏で、、本当にありえるかも!?なんて思っちゃったり。



あと、1つだけこの映画から意味を見出せることがあるとしたら『今を生きよう』と言うメッセージかな。

ま、いつものことですが1,000円だったので特に不満は無かったですw

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

読書:『幸福の王子』オスカー・ワイルド


町の中に高くそびえる円柱の上に立つ幸福の王子の像。たまたま王子の足元に羽を休めたつばめが、王子の願いに応えて宝石からなる王子の目などを貧しい人々に分け与えていく物語は、絵本などでも知られている。王子とつばめが紡ぐ愛の物語。
---
↑楽天ブックスより。

『本当は恐ろしいグリム童話(2)』を読んだ時に感動したこのお話。
本物を読んでみました。

『クリスマス・キャロル』同様、世界的名作であり子供向けにも多く出版されている本なので選択が難しかったです。

今回はところどころ気持ち悪い外国風の挿絵が入っている、、絵本とまでは呼べないような1冊でした。
あと、すごく薄くて10分もあれば読み終えてしまいました。
やっぱりジャンルとしては絵本なのかしら?
でもルビが少なかったけど。。


『本当は恐ろしいグリム童話(2)』は筆者なりの独特の見解を展開した作品だと聞いていたけど、原作と特に何も変わっていなかったけど??

じゃあ何のためにあの本が書かれたのか。
ただパクってページ増やしただけじゃん。。

まぁ他の本の悪口感想はここではいいとして、、やっぱりこのお話、悲しく感動的で心を洗われる1冊です。



『クリスマス・キャロル』と同じく、子供の頃読んでおきたかった1冊でした。

| | コメント (0)

2012年7月14日 (土)

読書:『クリスマス・キャロル』チャ-ルズ・ディケンズ


並はずれた守銭奴で知られるスクルージは、クリスマス・イヴにかつての盟友で亡きマーリーの亡霊と対面する。マーリーの予言通りに3人の精霊に導かれて、自らの辛い過去と対面し、クリスマスを祝う、貧しく心清らかな人々の姿を見せられる。そして最後に自分の未来を知ることに。
---
↑楽天ブックスより。

映画で観てからぜひ原作を読んでみたかったんです。
約170年前に出版されている名作なので、著作権が切れている無料の電子書籍なんかでも読めるのですが、とにかく書き方が難しい><

『阿父さん』で『おじさん』とか
『帷幄』で『カーテン』とか

読めるところでも
『左様なら』で『(goodbyeの意味の)さようなら』とか

書き方として
『ご都合が宜しければ、貴方。』とか(*_*)


読めなかったり、読みづらかったりととにかく読み進めるスピードが遅かったので、もう図書館で借りちゃいました。

世界的名作であり、童話としてもたくさん出版されているのでオトナが読むならこの光文社の本がオススメかも? 挿絵とかも一切なし。

多少古い書き方ではあるけど、こればかりはもう仕方ないレベルだと思います。

話自体は映画そのまま。
…逆か(・・)

映画を観た時にも思ったけど、子供の時にぜひ読んでおきたい話でした。

| | コメント (0)

2012年7月10日 (火)

映画鑑賞:ダーク・シャドウ

公式サイトはこちら

もう今週で終わっちゃうってところがほとんどの中、滑り込みで観て参りました。
同じハコに私も含めて7人くらいしかいなかったですww


ティム・バートンのやることだから、血みどろのオドロオドロしい感じだったらどうしよう><と心配していたのですが杞憂に終わりました◎
(昔『スウィニー・トッド』を観てビビりまくった経験アリ)



で、感想ですが。



くっだらない映画でしたww
もうね、『くだらない』んじゃなくて『くっだらない』のw

でもなぜか映画館にわざわざ観に行ったことを後悔はしない不思議な映画(・・)

映像のキレイさはさすが!だと思いました。
あと悪役のエヴァ・グリーンの美しさがハンパなかった!!
これから注目してしまいそうな女優さんです♡


友人は『なーんか終わり方が続編あります!って作り方じゃなかった?』って言ってました。
なるほど、言われてみればそんな感じでしたw

| | コメント (0)

2012年7月 5日 (木)

読書:『怪笑小説』東野圭吾


年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマり、乏しい財産を使い果たしていく「おつかけバアさん」、“タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶 釜である”という説に命を賭ける男の「超たぬき理論」、周りの人間たちが人間以外の動物に見えてしまう中学生の悲劇「動物家族」…etc.ちょっとブラッ クで、怖くて、なんともおかしい人間たち!多彩な味つけの傑作短篇集。
---
↑楽天ブックスより。

○笑小説がシリーズだということを今さらながら知ったのでその第1弾を読んでみましたw

やっぱり星新一のショートショートっぽいw
なんともブラックでシュールな1冊です。

読みやすくてあっとゆー間。
短編集だからキリが良くなりやすいのも◎です。

| | コメント (0)

2012年7月 4日 (水)

映画鑑賞:スノーホワイト

久しぶりに映画を観に行きました。
公式サイトはこちら

一緒に観に行った友人Iはしょっちゅう映画を見ているので『なーんか若干中ダルミ。。もうちょっと尺短くできたんじゃないの?!』って言ってたけど、、私は十分面白かったです。
魔女の弟の髪型に早々にツッコミを入れたくなりましたがw


魔女役のシャーリーズ・セロンの美しさはすごかったぁ♡
老若の差にも目が釘付け!

白雪姫役のクリステン・スチュワートは外国人には珍しくちょっと歯が残念に目立ってました。あんなハリウッド俳優がいることにビックリ(・・)!


それから私も、友人Iも、見終わったその辺の人もビックリしていたのが
『白雪姫にとっての王子様』について。
そしてその彼との終わり方について。


まぁ今回は『戦うお姫様』って感じのお話だろうから、、仕方ないのかなー?

あまり書くとネタバレになるのでこの辺で。。

アリス・イン・ワンダーランドと同じスタッフが作成しているのがうなずける映像キレイさではあったけど、
あの映画とは逆にCGの力を借りずにたくさんの人を使って出せる映像の迫力の部分にも感動しました。
CGもあったけどね。

黒い森は気持ち悪かったです(ΦωΦ;)

| | コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

マーメイドネイル

R0014637
梅雨真っ最中なのでそれっぽいネイルにしようかとも迷ったのですが、もし前回同様1ヶ月近くもったら季節外れになってしまう。。
ってことで一足先にちょっとだけ夏っぽいネイルにしたつもり。

ウロコみたいな、サイダーの泡みたいな、このネイル。
ホロだけで埋めるネイル一度やってみたかったんです。

2色・2種類の大きさのホロで。
ホロは結構ジェルをはじくのでかなり厚めに盛っておきました。
カーブの辺りからの飛び出しにも要注意!です。

結構気に入ってるけど、、はみ出してこないかが心配です。。
はみ出すと色も抜けるからね~><


<<<追記>>>
2本が3週間
3本が4週間
5本が5週間持ちました。

2本は練習がてら付け替え(写真なし)、
3本はグルーでごまかしときましたw

3週間目であまりに伸びすぎたので10本全部長さだけ削って先端にジェルを乗せましたがそこからリフトするようなこともありませんでした◎
<<<追記ここまで>>>

使用グッズ:
最初にこんなスターターキットを買いました。ランプ やジェルがすべて入っていて基本的にはジェルネイルをするところからはずすところまで出来るようになってました。
(買ったのが昔すぎてまったく同じセットは見つけられませんでした) 

シャイニージェルスパイラルUVランプ

ノビリティプレプライマー

シャイニーボンダー

シャイニージェル

erikonail(エリコネイル)ジュエリーコレクション ERI-123 丸パステルパールホワイト2mm

erikonail(エリコネイル)ジュエリーコレクションERI-125丸パステルパールパープル2mm

erikonail(エリコネイル)ジュエリーコレクションERI-196 丸パステルパールホワイト 1.0mm

---以下は必要なものじゃないけど、あると便利な使用しているグッズ---

ノーリフトネイルズのジェルブラシ(オーバル)。

ネイルアート用細筆。ホロの埋め込みに便利。

ビューティーネイラージェルブラシホルダー(ピンクを使用)。
使いかけのベタベタしたジェルブラシをちょっと置いておくのにすごく便利!

エリコネイルUVグローブ 指なし、ハートストーン付きタイプ。
UVランプは日焼けはしない、って書いてあるけど…わたしは絶対に手が黒くなって来た気がする( ̄□ ̄;)!!と、言うことでジェルネイルをする時につけてやるようにしてます。

グラハム ハンズダウン
未硬化ジェルをふき取るのになかなかイイ感じです。たくさん入っていて安いから惜しみなく使えるのもイイ感じ。

   

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »