« 映画鑑賞:スノーホワイト | トップページ | 映画鑑賞:ダーク・シャドウ »

2012年7月 5日 (木)

読書:『怪笑小説』東野圭吾


年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマり、乏しい財産を使い果たしていく「おつかけバアさん」、“タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶 釜である”という説に命を賭ける男の「超たぬき理論」、周りの人間たちが人間以外の動物に見えてしまう中学生の悲劇「動物家族」…etc.ちょっとブラッ クで、怖くて、なんともおかしい人間たち!多彩な味つけの傑作短篇集。
---
↑楽天ブックスより。

○笑小説がシリーズだということを今さらながら知ったのでその第1弾を読んでみましたw

やっぱり星新一のショートショートっぽいw
なんともブラックでシュールな1冊です。

読みやすくてあっとゆー間。
短編集だからキリが良くなりやすいのも◎です。

|

« 映画鑑賞:スノーホワイト | トップページ | 映画鑑賞:ダーク・シャドウ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画鑑賞:スノーホワイト | トップページ | 映画鑑賞:ダーク・シャドウ »