« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

読書:『オレたちバブル入行組』池井戸潤


崩壊した銀行不倒神話。給料もポストも減り、逆境にさらされてもー銀行員(バンカー)よ、顔を上げろ!融資課長・半沢直樹の意地と挑戦を描く痛快長篇。
---
↑楽天ブックスより。


またしてもとある本を会社の人が貸してくれたんだけど、それがシリーズ物の第3弾でしたw
ってことで図書館探してみたらちゃんとあったのでシリーズの1作目から読んでみることに。
それが、この本です。

ちょっと難しい経済のお話がわかりやすく、痛快に書かれている本ですごく面白かったです◎

何だかI.W.G.Pシリーズっぽい感じのお話。
読んだことないけど『課長島耕作』っぽい感じなのかしら?とも思ってみた。

現実ここまで痛快にいくサラリーマンもいないと思うけどね。




それにしても銀行の裏側がすごく詳しく描かれているので作者の履歴を読んでみたらまさにバブル入行組の元銀行マンだったんですね。

逆に
・バブルの
・銀行以外の
お話が書けるのかしら?なんてうがった見方をしてしまったり。。
まぁまだこの著者の本をこの1冊しか読んだことがないからそんな事言っちゃいけません(`・ω・´)




お話的には
『バブル時代に就職した人間は何の苦労もしてないと言われがちだけど、オレらだってすげー苦労してるんだぜ!!』
みたいな内容のことを言いたいようですが、
『就職氷河期の私から言わせてもらえれば、すんなり希望する会社に入れただけでも十二分に恵まれてるじゃねぇかよっ!!!』
と、反論したくなるのでありました。


でもこの本の登場人物たちは決して天職に巡り会ってるわけではないみたい。その点では勇気付けられます。

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

読書:『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾


夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。
---
↑楽天ブックスより。


第7回中央公論文芸賞の受賞作品だそうです。
ちょうど受賞したての頃に読み始めたのでタイムリーでした^^


素敵な、感動するお話でした♡
これまた電車で時々泣きそうになっちゃってヤバイ1冊でした。

何だか章ごとのタイトルのつけ方や、話の内容もちょっと伊坂幸太郎っぽい作品だったかも!?

各章の物語が見事につながるんだけど、時系列はちょっと頭の中がゴチャゴチャするので誰か年表作って欲しかったです^^;

| | コメント (0)

2012年9月18日 (火)

読書:『書店ガール』碧野圭


吉祥寺にある書店のアラフォー副店長理子は、はねっかえりの部下亜紀の扱いに手を焼いていた。協調性がなく、恋愛も自由奔放。仕事でも好き勝手な提案ばかり。一方の亜紀も、ダメ出しばかりする「頭の固い上司」の理子に猛反発。そんなある日、店にとんでもない危機が…。書店を舞台とした人間ドラマを軽妙に描くお仕事エンタテインメント。本好き、書店好き必読。
---
↑楽天ブックスより。


『ブックストア・ウォーズ』と言うタイトルから改題した本だそうです。改題する本って案外多いのかしら??

『舟を編む』を貸してくれたのと同じ人が貸してくれたこの本もまた、お仕事頑張る本でした。
そして、これまたステキなお話でした◎

私の中で仕事が嫌になった時に読むといい本がまた1つ増えた気分。


内容的には女子同士のいがみ合いとかが最初は書かれているのであまり気持ちの良いものじゃないんだけど、、

そして嫌われ役の女子がいるところ辺りも何だかベタだなぁ。。と思ってたんだけど、さすがはお仕事頑張る本、最後が2箇所ほど予想と違ってました。

いい意味で裏切られた大人の読み物だと思いますw



三浦しをんと碧野圭、また最近読みたい作家が増えてうれしい限りです♡


それにしても『舟を編む』もそうだったけど、、こんなに天職に恵まれている人がいたら本当に羨ましいっす。。

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

読書:『あの頃の誰か』東野圭吾


東野圭吾氏の単行本未刊行作品を一挙に集めて文庫オリジナルで刊行! 単なる蔵出しではなく、著者自身のアイデアによる大幅な改稿によって、あの「バブル時代」を改めて振り返る作品集として、見事に生まれ変わっています。あの頃のあなたに出会えるかも? 全8編。
---
↑楽天市場より。

今やってるドラマの原作になってる話が結構入っている短編集でした。
読みやすいのは読みやすい。

個人的には『再生魔術の女』の最後の1行にゾッとして鳥肌が立ちました。

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

ブラウン×ターコイズネイル

Dsc01332カナダにして行ったネイルです。
滝をバックにパチリ☆

あまり気に入ってないんだけど、カナダ人にはむちゃくちゃ好評だったので記録に残しておくことにしますw


今年の夏はターコイズを使うネイルをまだしていなかった。
でも秋を先取っているカナダにこれから旅行。
カナダってなんとなくインディアンっぽい民族もいるイメージ。

等々支離滅裂に思いをめぐらせた結果のネイルですw


頑張って旅行に向けて伸ばしていたのに、前回のネイルをオフしてみたら1本がっつりピンクの部分にまで亀裂が入っちゃってて(pq)全体的にかなり短くしたのも気に入らない理由だったかもしれません。。





ちなみに旅行に際して母にも初めてジェルネイルをしてあげました。
Dsc00428

こちら。
古い人間なので『赤を塗っときゃ色が白く見える』って聞かないの。
おまけにドアに挟んだかなんかで血豆みたいなのが爪の中に出来ちゃってたものだから、全塗りにラメグラという大して面白くもないデザインに落ち着きました。

本人は大変気に入って、もちの良さにも感動していたから、まぁいっかw

使用グッズ:
最初にこんなスターターキットを買いました。ランプ やジェルがすべて入っていて基本的にはジェルネイルをするところからはずすところまで出来るようになってました。
(買ったのが昔すぎてまったく同じセットは見つけられませんでした) 

シャイニージェルスパイラルUVランプ

ノビリティプレプライマー

シャイニーボンダー

シャイニージェル


【母ネイル】
シャイニージェルの3原色ジェル+白黒
(ベースに赤紅を使用)  

ラッキートレンディ グリッターパウダー シルバー
(グラデーション部分に使用)



【私ネイル】

シャイニージェル唐茶色
(薬指以外に使用)

BEAUTY NAILERネイルストーン ラインストーンオリジナルキット(ターコイズ)

メタルドット ゴールド1.5mm

メタルシード ゴールド

薬指のゴールドグリッターは台湾で購入

---以下は必要なものじゃないけど、あると便利な使用しているグッズ---

ノーリフトネイルズのジェルブラシ(オーバル)。

ネイルアート用細筆。シールやパーツの埋め込み、ライン描きに便利。

ビューティーネイラージェルブラシホルダー(ピンクを使用)。
使いかけのベタベタしたジェルブラシをちょっと置いておくのにすごく便利!

ジェルスティック。沈殿したカラージェルをかき混ぜたり、ラメやアイシャドーをすくってジェルに混ぜたりするのがやりやすい。

エリコネイルUVグローブ 指なし、ハートストーン付きタイプ。
UVランプは日焼けはしない、って書いてあるけど…わたしは絶対に手が黒くなって来た気がする( ̄□ ̄;)!!と、言うことでジェルネイルをする時につけてやるようにしてます。

グラハム ハンズダウン
未硬化ジェルをふき取るのになかなかイイ感じです。たくさん入っていて安いから惜しみなく使えるのもイイ感じ。

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

周遊カナダ:1日目・現地到着まで

夏休みにまた家族で^^;初!カナダに行ってきました(゚∀゚)
これを書いている時点でまだマカオブログも終わってないので、、今回はあまり細かくいかずにサックリめにいこうと思います。


夕方、成田出発。
まさかの集合を2.5時間前にされてビックリしました(=_=)ナンデヨ。。


エアカナダはクチコミなんかを見てると良くないこともチラホラ見かけましたが、、結果的にはさほど問題はなかったです。
『さほど』ってのは、、1個だけ大問題があったから。
でもこれはエアカナダの責任じゃなかったかもしれません。。

R0014640機内食も普通においしかったです○
こちらは私の注文したビーフ。



R0014639

妹の注文したチキン。
1個もらったら缶詰の焼き鳥みたいでしたw


以外だったのがスイーツ。
付いているチョコレートケーキがビックリするほど普通の味で、機内食のスイーツで『普通に食べれる(・・!)』と思ったのって初めてだったんじゃないかと思うくらい。。



機体は意外に小さくて2-3-2だったかな?なので3人の私たちは窓側に離れなかったのですが、真後ろがトイレだったからCAのお仕事スペースだったか、、で後ろに座席の無い席でした!
なので蹴られたり、立ち上がる時に自分の座席を掴まれたりする事が無いのでゆったりと睡眠を取れてのでこれはかなり快適でした◎

R0014642朝食はこちら。
私はお粥。これもビックリするくらい美味しかった。



R0014643妹はオムレツ。
ドリンクを開けずに1人1缶くれるので持って帰っちゃったりw

せっかくだからと気付いてからは終始カナダドライを飲んでましたw



R0014641色んな物にカナダの国旗のメープルが付いていてカワイイかわいいと感動していたらコーヒーまでこの状態♡




個人モニターが各座席の前についていてビデオオンデマンド方式だったのもかなりポイント高かった◎

睡眠をとりつつも映画を1本くらいは観たりして、、9.5時間のフライトはあっとゆー間でした。


R0014644でアメリカ大陸初上陸はカルガリー空港!





入国審査でお菓子を持ち込んだので正直に申告しようと思ったらすげー待たされました(=_=)
もう2度とやらない。。


そのために危うくツアーのピックアップに置いて行かれるところだったけど何とかバスに乗り込み、1.5時間ほどかけてバンフの街へと向かいました。




Dsc00436 カルガリー空港周辺はこんなに真っ平ら。



Dsc00446遠くに見えるのは1988年に開催されたカルガリー冬季オリンピックで使われたスキージャンプ台だそうです。




Dsc00450転がっているドラム缶のような物は牧草を干して丸めた物で、この季節のこの辺りの風物詩なんだそう。



だだっ広い景色にビックリしていたんだけど、カナダは国土の広さが世界2位だそうで。
1、2位が中国とロシアのどっちか同士だと思ってたのでビックリ(・・)

しかも近年カルガリー周辺では天然ガスだか石油だかが発掘されたのでバブってるらしいです。


広大な敷地
全世界が喉から手が出るほど欲しい資源。。


日本も一発逆転するとしたら国土の広さはともかく、もうどっかから石油でも沸いて出てくれるしかないんだろうなぁ。。なんて情けないことを考えずにいられなかったひと時。。w




Imgp0015しばらく走っていくと美しい川や池が現れ始めました。
なんだか北海道を壮大にした感じだ。

Dsc00471_2 だんだんと高い山が現れ始めました。





Dsc00479ここから先がカナディアンロッキー国立公園!
このかわいらしい小屋が国立公園入場料を払う料金所だそうなんです。

バスを降りてからチケットを1人ずつ渡されました。
滅多に無いけど提示を求められることもあるそうです。




そうしてやや長いバスの旅を終えてバスは各ホテルへと到着しました。



~1日目、次はホテルについて~

| | コメント (0)

読書:『白銀ジャック』東野圭吾


「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。
---
↑楽天ブックスより。


カナダに行ってる間に持って行った本。
まぁ旅の間は滅多に本は読まないのでそんなに進まないんですがねw

カナディアンロッキーの雄大な山々を見ていたり、
スノーボードにはまっていた頃の自分を思い出したりしながら読んでいると何だか情景がすごく浮かびやすかったです。

カナディアンロッキーは冬はスキー場としても賑わうらしいです。


すごくスキーヤーやボーダーのことも詳しく書いてあってビックリ。
巻末に特に参考資料文献の紹介もなかったけど、、経験者なのかしら?!

あー、ゴンドラ営業時間ギリギリに乗って、わざとボード履くの時間かけて、最後に誰もいないゲレンデ滑ったりしたなぁ~(* ̄ー ̄*)とかねw


途中、犯人が容易に想像でき過ぎちゃいました。
って言いたいところだったんだけど、さすがベストセラー作家!

…参りましたm( _ _ )mww

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »