« 読書:『書店ガール』碧野圭 | トップページ | 読書:『オレたちバブル入行組』池井戸潤 »

2012年9月24日 (月)

読書:『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾


夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。
---
↑楽天ブックスより。


第7回中央公論文芸賞の受賞作品だそうです。
ちょうど受賞したての頃に読み始めたのでタイムリーでした^^


素敵な、感動するお話でした♡
これまた電車で時々泣きそうになっちゃってヤバイ1冊でした。

何だか章ごとのタイトルのつけ方や、話の内容もちょっと伊坂幸太郎っぽい作品だったかも!?

各章の物語が見事につながるんだけど、時系列はちょっと頭の中がゴチャゴチャするので誰か年表作って欲しかったです^^;

|

« 読書:『書店ガール』碧野圭 | トップページ | 読書:『オレたちバブル入行組』池井戸潤 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『書店ガール』碧野圭 | トップページ | 読書:『オレたちバブル入行組』池井戸潤 »