« 読書:『誰か』宮部みゆき | トップページ | 読書:『ロスジェネの逆襲』池井戸潤 »

2012年10月10日 (水)

読書:『オレたち花のバブル組』池井戸潤



「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。
---
↑楽天ブックスより

『俺たちバブル入行組』に続く第2弾。


第1弾よりちょっと話が難しかったです。。
登場人物も多すぎて人物相関図が欲しかったw


にしても、この主人公、有り得ないでしょってくらい自分に正直過ぎ。
勧善懲悪ってのともちょっと違うんだよね~。。

自分の特になる事なら世間で良しとされない条件も飲んじゃったりするし。。

そしてこんなに上に刃向かって通用するのでしょうか?ってくらいの無茶っぷり。
それが最後には…!!


ってなお話でありました。

|

« 読書:『誰か』宮部みゆき | トップページ | 読書:『ロスジェネの逆襲』池井戸潤 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書:『誰か』宮部みゆき | トップページ | 読書:『ロスジェネの逆襲』池井戸潤 »