« 月のクレーター | トップページ | クリスマスネイル2012 »

2012年11月26日 (月)

読書:『一瞬の風になれ第1部・第2部・第3部』佐藤多佳子

走ること、強くなることをただひたすらに目指す高校生たちを通して、前向きに生きることの感動を味わえる書き下ろし長編小説の第1巻。陸上部を舞台に、決してエリート選手ではない主人公たちの送る日々は、読者に「懸命だったあのころ」を思い起こさせてくれるはず。
---
↑楽天ブックスより


会社のとある人が大絶賛、人生No.1と言っても過言ではないとまで言い切っていたこの1冊(ってか3冊だけどw)。


つまんなかったーーーー(ΦωΦ;;;)

内容が薄っぺらい、、と言ってしまうのは言い過ぎかもしれませんが、たかが子供の大問題レベルを抜けていないと言った印象。

陸上においてのとある着地点を目指していく物語ですが、そこまでにこんなに細かく描写しないとダメ?!主人公の高校3年間のただの記録だよね?

しかもラストはその着地点に触れきらないまま終了。なんだそりゃ!!


多分1冊で済んでいればここまで私もこき下ろさなかったと思うんだけど、、3冊も割くほどの内容無いです。


本って人によってこんなに感想が分かれるものなんですね。
だからたくさんの作家や作品が生み出されるんでしょうけど。


私寄りの感想を述べている人も身近にいましたので、私が偏屈とは限りません(言い訳w)。


大絶賛していた人と私の違いは、、
体育会系か否か、かな?

文科系orアンチ体育会系のノリ、な人にはオススメ出来ない1冊(3冊だけどw)です。

|

« 月のクレーター | トップページ | クリスマスネイル2012 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月のクレーター | トップページ | クリスマスネイル2012 »