« 年越しフランス:2日目・飛んでイスタンブール | トップページ | トリコロールネイル »

2012年12月28日 (金)

年越しフランス:2日目・ホテル・ドゥ・パリについて

今回宿泊したホテルについて触れておきます。
モンマルトルエリアに近いHOTEL DE PARIS(ホテル ドゥ パリ)と言うホテルでした。

HISのサイトでも紹介されているホテルでした。→こちら



Dsc04093_3 外観はこんな感じ。

大通りに面していない上に小ぢんまりしたプチホテルといった風情なのでうっかりすると通り過ぎますw
ホテルのある路地にはレストランや個人商店などもあり。

Dsc02388室内はこんな感じ。
かなり狭めですが 、ギリギリ二人ともスーツケースは広げられる感じでした。



Dsc02389ベッドはくっついちゃってますが2つの独立したベッドなので相手の寝返りとかは全く気にならず。



Dsc02390_3 TVがなぜだかラーメン屋仕様に空中に固定されていますw
そうそう、TVと言えばこのホテル、カラオケ屋のようにチェックインの時に鍵と共にTVのリモコンを渡されますww


鍵はカードキーではないのでいちいちフロントに預けなくてはいけません。


写真左に写っている白い家具部分がクローゼットにあたるみたい。
むき出しでした。。


Dsc02391_2 窓からの眺め。
クリスマス時期だけだったのかもしれないけど、路地にこのようなイルミネーションがあったのでいい目印になりました◎
時々室内が暑く感じて空けたかったんだけどダメでした。

Dsc02394_2
バスルームの様子。
アメニティは石けんとリンスインシャンプーと使い捨てのプラスチックのコップくらいしかなかった記憶です。
コップは毎日追加してくれてました。

Dsc02393_2 トイレ。
ビックリするほど狭くってw前の壁が膝ギリギリでしたww


Dsc02395_2

バスタブは無くってこんなシャワーブースがあるのみでした。
ハンドシャワーだし、水量も十分。
少しだけ水はけが悪かったかな。
シャワーカーテンじゃなくてガラス戸で仕切ってありましたよ。


その他室内の特徴としては
・クーラー無し(さすがに暖房はありましたw)
・冷蔵庫無し
滞在中は真冬のパリとは思えないほど暖かかったので冷蔵庫が無かったのはちょっと悲しかったです><
あればもっとマカロンとか買い込めたのになー。。

ドライヤーはあったけど電熱線が赤く、熱くなるだけで風がまったく出ない不思議なタイプでした(ΦωΦ;)
持って行ったから良かったけど。。


それから無料でwi-fiが利用できました。
24時間で期限が切れちゃうのでそしたらまたフロントにパスワードをもらいに行かなきゃいけません。
部屋だと時々弱い時もありましたが、無料で使えるのはとにかくありがたい◎



Dsc03601ホテルは朝食付きでした。
朝食会場は地下。こんな中世にタイムスリップしたといってもおかしくなさそうな雰囲気の場所です。
朝7時から。いつも早めにホテルを出発してたので、何時までだったかは忘れちゃいました。




Dsc03606朝食内容はこんなもん。オレンジジュース以外はこれで二人分。

シンプルなもんです、と言いたいところだったんだけど、これがビックリするほどおいしかったんです♡
コーヒーか紅茶か聞かれますが、私たちは毎日カフェオレを選択。
食事内容は毎日全く変わりませんでしたが、これが楽しみになっちゃうくらいとにかくパンが美味しかった!


Dsc03604クロワッサンとバケットとチョコ入りのデニッシュ。
初めてフランスに来た時もどーーでもいいような3流ホテルなのに、クロワッサンがむちゃくちゃ美味しかったのを覚えています。


あれから十数年w、日本にもパリで有名なベーカリーがたくさん上陸したし、私も年を取って舌も肥えただろうしw、きっとあの感動はあの頃だったからだろうなー、、って思ってたのですが、フランスの小麦は裏切らなかった(゚∀゚)!です!!




Dsc04089こちらはホテルから1~2分の場所にあるPlace de Clich(クリシー広場)。
この広場にメトロの駅もあってメトロの2号線と13号線が走っていて、凱旋門やモンマルトルの丘には1本で行くことが出来ます。
(モンマルトルは歩いていくことも出来たんじゃないかと思います。それくらい近かった。)
ムーランルージュまでは余裕で徒歩圏内です。


バスも何本も走っていて、ルーブルやモンパルナスなどにも1本で行けます。
バスで帰ってくる時、この銅像がいい目印になりました。


周辺にはスタバやマックモノプリ、その他飲食店も多数あり、夜中まで人が多くにぎわっていました。
かといってモンマルトル周辺のようなアダルトショップのいっぱいある歓楽街とはちょっと違った様相で、女子2人でも夜も比較的安心して歩くことが出来たと思います。
(あくまで個人の感想です。あと、年末年始で普段より人の往来が多かったのかもしれません。)





予想していたよりいいエリアに宿泊できたんだけど、
どうやらツアー自体がやや値段が高めの設定のツアーだったようで、それによりとんでもない場所のホテルを回避できたようです。

実際、帰国日に再会した往路でパリまで一緒だったHISの仲間のホテルはもっと郊外にあって相当行動がしづらそうでした。

私が昔泊まったホテルも幹線道路の周辺で、夜は暗く、中心部にも遠かったのを覚えています。

パリはホテル代をケチると治安面の不安からかなり行動に制限が設けられてしまうと思います。


これでバスタブと冷蔵庫と冷房があればパーフェクトなホテルだったなー。
でもそれは贅沢と言うもの。
スタッフの感じも良かったし、ちゃんと英語もしゃべってくれたし、日本びいきなのかな?フロントには日本の絵葉書や東日本大震災復興のための寄付付きの切手なんかも飾ってありました^^


以上、ホテルの紹介は終了。
何とか1泊もキャンセルせずに宿泊できただけありがたいと言ったような状況だったため、この日は当然何の買い物も出来ませんでした。


前日のお詫びのペットボトルのお茶に手を付けずにパリまで持ってこれたことに相当救われました(*_*)



~2日目終了。翌日は朝から世界遺産へ向かいました~

|

« 年越しフランス:2日目・飛んでイスタンブール | トップページ | トリコロールネイル »

12-13フランス」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年越しフランス:2日目・飛んでイスタンブール | トップページ | トリコロールネイル »