« クリスマスネイル2012 | トップページ | 映画鑑賞:ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 »

2012年12月 5日 (水)

読書:『鍵のない夢を見る』辻村深月


望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そんな願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。待望の最新短篇集。
---
↑楽天ブックスより。



まず第一印象として、とても装丁に凝っている本でした。
え~?これ直木賞受賞作なんだ!?
すごく読みやすい芥川賞みたい。。
暗いと言うか、、病んでると言うか。。



これまた最初にあらすじというか説明書きを読んでいなかったので短編集なことにビックリしちゃいましたw

ただの短編なだけでなく、ぶった切りで浅いまま終わる感じが否めない。。



まぁそんな否定的なことばかり書きましたが、その割には
『美弥谷団地の逃亡者』のオチには驚かされ、ゾッとしました。
『君本家の誘拐』のオチはこの本を最後まで読んでいれば予想したものの大きく違い、良い意味なのか悪い意味なのかわからないけど裏切られました。

|

« クリスマスネイル2012 | トップページ | 映画鑑賞:ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスネイル2012 | トップページ | 映画鑑賞:ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 »